観葉植物

増やし方

観葉植物 増やし方

→観葉植物の育て方のコツ

→寄植え

植物の増やし方 ―― 挿し木(さし木、挿木)

挿し木は地球上に存在する植物の殆どに対して行うことの出来る繁殖方法です。また挿し木による植物の増やし方は多く利用されています。現在室内ガーデニングとして大変人気のある観葉植物の挿し木の方法について紹介しましょう。

さし木の種類

挿し木には、それぞれ種類があり代表的なものに「頂芽挿し」「茎挿し」「葉挿し」があります。頂芽挿しは全ての観葉植物に対応、茎挿しはさらに種類があり観葉植物の種類によって使い分けていきます。たとえば、ゴムの木やクロトンなどは1つの芽を残し、ホヤやパキラは2つの芽を残して茎を挿します。葉挿しも同様に観葉植物の種類によってそれぞれ種類があります。

挿し木に適した時期

挿し木を行い成長させるには気温が暖かくなければいけません。気温は約20~25℃が適しており、春が過ぎようとする5月半ばから秋が始まる9月半ばくらいまでが良いでしょう。最も適している時期は6月です。気温、湿度など挿し木にもっとも適した数値となる時期ですので覚えておくと良いでしょう。

挿木で使う土

さし木を行うときは切り口をそのまま土に埋めるように行います。したがって、土に菌類が豊富にあると病気になってしまうことがあるため、菌のない土を使うようにします。さし木に適している土はパーライト、バーミキュライト、ピートモスといった改良用土、また赤玉土や水苔などが良いとされています。挿し木する前は土にある程度水分を与えておくようにしましょう。

挿し穂とは?

挿し木を行うときはできるだけ最近伸びた元気なツル(蔓)を利用しましょう。挿し穂とは挿し木のために切り取った部分のことを言います。切り口の組織が壊れないようによく切れるハサミを使用しましょう。挿し穂は2節が残るように切り取るのがポイントです。それから葉を切り取り調整していきますが、上段の葉は1枚ずつ切り取ります。全体的に葉が大きければ1枚残すように切り取りましょう。下段の葉については茎から伸びているすぐ付け根から切り取ります。挿し穂の調整は水分が蒸発することを防ぐために行う作業ですので、葉が多すぎてはいけません。

挿し木の実作業が終了したら?

挿し木を行った後の管理ですが、風通しの少なく日の当たらない場所に挿し床を設置しておきます。水の管理はしっかりと行います。基本的に毎日葉に水を拭きかけるようにしましょう。もちろん水分補給のやり過ぎは挿し床に悪影響となるためやめましょう。適度な補給が必要です。約2週間経過したら、明るい光のもとに置きます。徐々に明るさに慣れさせないといけません。

根付くまでの期間

観葉植物の種類によりますが、挿し木してから根が生えてくるまで一般的に1ヶ月程度、樹系ですと1ヶ月半くらいとなります。根が生えたら植木鉢を用意し、すぐに引っ越しです。そこから成長にあわせて植木鉢を替えていくといいでしょう。

植物の増やし方 ―― 挿し芽(さし芽、挿芽)

挿し芽とは、まだ成長著しい若い枝や芽を切り取り適した土に挿して繁殖させる方法です。基本的なところは挿し木に似ています。ただ挿し穂が若いというところに違いがあります。種子から繁殖させるより早く管理も楽という特徴があります。挿し芽の最適な時期は梅雨時の6~7月です。

植物の増やし方 ―― 取り木(とり木、取木)

取り木とは、成長している植物の茎をカッターなどで表面を削り取りその周囲を水苔や透明なビニル袋で養生し、一定の期間をおくと表面を削り取った茎から根が生えてきます。そして根から下の部分を切り取ることで、目的の大きさで再び育成することが出来ます。取り木とは苗木を作る作業です。大きくなりすぎた植物を適度な大きさからもう一度育てることが出きますし、元の切り取られた茎は再び葉がつくところから育成することが出来ます。

植物の増やし方 ―― 株分け(株分)

観葉植物のなかでも宿根タイプは時が経過して行くにつれ株が増大し、数も増えます。こうなると植木鉢の中は根でぎっしりとなってしまい、植物にとってよくありません。そこで、株分けを行います。株分けは他の増やし方に比べ大変簡単であり、初めて行う方でも気軽に行うことが出来ます。方法は土から植物を抜き取り、ハサミで根を切断していき、分けるだけで完了です。あとはそれぞれの植木鉢に入れてやりましょう。

植物の増やし方 ―― 種子(種)

挿し木といった増やし方を知らない方は植物とは種子からしか増えないと思っているほどポピュラーな増やし方です。増えるまでの期間が一番長いですが、その植物の種に適した土を用意しまけば良いだけですので大変お手軽です。

c2008 @ 観葉植物studio All rights reserved.